トップページ

誰かがつくった「○○ノウハウ」や「○○スキル」をあてにするのではなく、仕事をやりながら、より良いやり方を自分の力でつくり出す。そのような「学びの生産者」は、いつ、何をしているのか?

本書は、個人商店から多国籍企業まで広範な取材から得られた具体例と、経営・人事管理分野の理論を組み合わせて作られた、仕事の現場における「学び方そのもの」を学ぶための本です。

IT・総合重機・消費財・化学・金融などの様々な業界の企業で、若手社員〜経営幹部向けの研修テキストとして使われています。

このWebサイトでは、概論の全文と本編の一部を公開しています。
まずはこちらをご覧いただき、自分の役に立ちそうか判断してみてください。

コンテンツの全てをご覧になりたい方には、書籍版とPDF版を提供しております

◆ コンテンツ目次

「仕事を通じた学び方を学ぶ本」の全トピックの目次です。
リンクが貼ってある青文字のトピックをクリックすると本文を読めます


1.概 論

はじめに:面白い仕事
積み重ねる人、繰り返す人
学びの生産者
種まきと収穫
タイプ別 本書の使い方

2.発見の種まき〔基本編〕ゴールの定義

「気づき」と「仕事の定義」
 達成してもうれしくない目標
ゴールイメージとは何か
・ゴールイメージでやる事が変わる
・「ちゃんと○○する」にご用心
・ゴールイメージのすり合わせ方
・すり合わせに役立つ質問
・ゴールイメージと仕事の面白さ
・+αと余計なお世話は紙一重
・ゴールイメージの「松竹梅」
・中間ゴールイメージを作ろう
・中間ゴールイメージの落とし穴
・こんな所にもゴールイメージ
・(指導者向け)「言われたことしかやらない」と文句を言う前に

3.発見の種まき〔発展編〕研究モードの発動

仕事を「研究的」に取り組む
・意識するから気づく
・5つの着眼点
・〔着眼点1〕ユーザーの声
・〔着眼点2〕差異の探索
・〔着眼点3〕横着パワー
・〔着眼点4〕前提条件の見直し
・〔着眼点5〕問題の理解と仕分け
・(指導者向け)研究モードの後押し

4.発見の収穫〔基本編〕経験の言語化

「振り返り」と「感想」は違う
・振り返りのバランス
・評価や意見を取りにいく
・「聞き方」で情報を引き出す
・気づきを強い自覚に変える
・経験情報の「3点セット」
・3点セットの洗い出し方
・評価される側の責任
・(指導者向け)振り返りの支援とは?

5.発見の収穫〔発展編〕学びの一般化

「そのまま」と「ひとひねり」
・自分の記憶に頼らない仕掛け
○○○という意味では同じ
・マイセオリーの作り方(1)
・マイセオリーの作り方(2)
・マイセオリーのサンプル
・マイセオリーの更新
観察は攻めの行為
・「やりたい仕事」とマイセオリー
・(指導者向け)「学び方」を学ばせる

6.<付録>マイセオリー集

・付録について
・職場のコミュニケーションに関するマイセオリー
・段取りに関するマイセオリー
・育成指導に関するマイセオリー


◆ 「書籍版」と「PDF版」があります

全てのトピックをご覧いただける「『仕事を通じた学び方』を学ぶ本」は、紙の書籍版と、PDF版の2種類がございます。下記の画像かリンクをクリックすると、書籍版&PDF版のご案内、研修テキストとしての導入実績、ユーザーの声などがご覧いただけます。

atm_topimg1 >> 書籍版・PDF版のご案内ページへ <<

◆ コラム

”仕事を通じた学び方”にまつわるコラムです。
詳しくはこちらをご覧ください。

◆ 制作者について

本サイトはオフィス ロークワットが製作、提供しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

◆ お問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

↑ このページの先頭にもどる
>> 書籍版・PDF版のご案内ページへ