積み重ねる人、繰り返す人

本書を作るきっかけとなったのは、ある会社の社長との会話でした。
北海道から九州まで全国に販売店を持つ会社で、最初は事業展開についての会話を伺っていました。

次第に話題は多岐に広がり、若手社員についての話になりました。
社長いわく、若手社員の間の「差」が気になってきたとのこと。

「ちゃんとした採用基準は設定しているからね、スタートラインは一緒のはずなんだよ。ところが各部署に配属して、仕事をして、2年3年経つと少しずつ様子が違ってくる。5年目ともなると、もう結構な差がついてしまっていて。何というか、

『1年1年を着実に積み重ねてきた5年目』と、
『同じ1年を5回繰り返しているだけの5年目』

という具合でね」

「同じ1年を5回繰り返しているだけ」とは、なかなか厳しい言い方です。もう少し詳しく聞きたくなり、質問をしました。

「『1年1年を着実に積み重ねてきた5年目社員』と『同じ1年を5回繰り返しているだけの5年目社員』では、実際のところどのくらい差がついているのですか?」

「全員が売上目標みたいなものを持っているわけではないから、単純に数値化して比較はできないけどね。仕事の速さであったり、質であったり、任せられる仕事の難易度であったり…」

少し考えて、社長は答えました。

「そういうのを全部まとめて感覚的にいうと、うん、3倍かな」

話はそこで終わるはずだったのですが、どうやら社長にスイッチが入ったようです。手元のノートを開き、おもむろに図を描き始めました。

skssojt3

「左側が同じ1年を5回繰り返すタイプ。1年に箱が1個、5年で5個。
右側が1年1年を積み重ねるタイプ。1年に1個ずつ増えていって、5年だと15個。5対15。で、3倍でしょう?」

(・・・ホントかよ)と心の中で思いつつも「なるほど、確かにそうですね」と返事をしました。その場での会話は、これでおしまいです。

たいへん印象に残った話だったため、その後色々な会社でこの階段の図を描いて「御社だと、どうですか?」と聞いて回りました。

「ああ、確かにそうですね。5年だと3倍くらいですね」という反応がとても多かったことを覚えています。職種や業界を問わず、です。

新卒社員だけではなく、管理職についても同じ傾向があると指摘する方もいました。厳しい昇進試験をクリアして同じタイミングで就任したマネージャーの中にも、数年経つと立派に組織のマネジメントができている人と、何年経っても成果を出せず、部下も育っていない人がいるとのことでした。

また別の会社の方は、この図に新たな観点を付け加えてくれました。もし、上図の左が先輩で、右が1年下の後輩だとしたら?

kaidan2

先輩1年目。

kaidan3

先輩2年目、後輩1年目。たった1年くらいでは、先輩のことは抜けません。

kaidan4

先輩3年目、後輩2年目。後輩が先輩に追いつきました。

kaidan5

先輩4年目、後輩3年目。ついに、後輩が先輩を追い抜きました。

「与えられる役割や責任の大きさとか仕事の難易度とかで、先輩・後輩の逆転現象が起こるのが、ウチの会社では入社3~4年目辺りからなのですよ。それがこの図でも説明できるなと思いまして」

なるほど。これも色々な会社で話してみました。多くの会社で、同意の声を得ることができました。

ここまでの話で重要なのは、この階段のような図が適切かどうか、3倍という数値が正確かどうかということではありません。スタートラインは同じであったはずなのに、どうしてこのような差がついてしまうのかということです。

それからしばらくの間、取材や社員研修の場で差がつく理由を探ってみたところ、本書のタイトルでもある「仕事を通じた学び方」が特に大きな要因の1つであることがわかりました。

→ 目次ページに戻る