OJTというけれど

OJTとは何か

「社員教育の基本はOJT」とよく言われます。
あなたが上司や先輩であれば「部下や後輩をOJTでしっかり育てるように」と言われることもあります。

そもそも、OJT とは何なのでしょうか?
ある人が、

「OJT って、On the Job Training の略だというけど、ウチの会社のOJT はちょっと違うよね。お前ら・自分勝手に・適当にやれの略だろう」

と言っていました。
(胸を張って言うことではありません)

skssojt3

似たような状況にあった多くの企業や組織では「このまま現場に任せていたら大変」といって、新人や若手社員の育成に力を入れ始めました。それだけではなく教える側の体制を整備し、「OJT リーダー」や「新人指導担当者」といった役割もよく聞かれるようになりました。

だからといって、 OJT が「(O)惜しみなく・(J) 十分に・(T)手取り足取り」 になってしまったら、どうでしょう。

何でも懇切丁寧に教えてしまうと、おそらくその新人・若手社員は何も考えなくていいということを学習してしまいます。本来自分から「取りにいく」はずの学習も、「与えてくれるもの、黙っていても教えてもらえるもの」と思ってしまいます。

その結果、

「教わっていないので、できませんでした」
「この会社は、私をどう成長させてくれるのですか?」

という受け身で他責な発言があたりまえになってしまっては大変です。

「仕事の進め方」そのものを教える

もちろん、仕事を前に進めるためには、具体的に教えなくてはいけない事柄はたくさんあるでしょう。

しかし、OJTを施す上司や先輩に期待したいことは、仕事の中身を教えることだけではなく、「仕事の進め方そのもの」を指導してほしいということです。ここでいう「仕事の進め方」には、「仕事を進めていく中での『学び方』」や、「周囲からの支援の『引き出し方』」という意味も込められています。

OJTを機能させるために、「詳解 仕事の進め方」のテキストはきっと役に立ちます。
「詳解 仕事の進め方」は、PDCAや報連相といった曖昧な言葉(=その言葉を教えただけでは何も解決しないこと)を極力無くし、仕事の進め方について具体的で詳しい解説を行っています。

テキスト内で使われている「ゴールイメージ」「一次納期」「現状と目標」「3 点セット」といった数々の言葉を使うことで、言いたいこと、指導したいことがきちんと伝えられます。本書をうまく活用・引用する事で、部下指導・後輩指導の負荷はぐっと減らすことができるでしょう。

できるだけ早い段階で、あなたが指導する新人や若手社員が、「あなたが関与しないと学ばない」から、「自力で経験から学びを紡ぎだせる」ように。

あなたから声をかけないと問題を解決しようとしない」から、「自分から周りに支援を求め、支援を引き出せる」ように。

進め方や学び方そのものについて早い段階から言及する事で、結果的に早く独り立ちできるようになります。「魚を代わりに釣ってあげる」のではなく「魚の釣り方」を教えてあげてください。


「詳解 仕事の進め方」について

「詳解 仕事の進め方」は、「PDCA」という一言でわかったつもり/教えたつもりになりがちな仕事の進め方について、目の前の仕事ですぐに役立つ方法論や具体例を交えて詳しく解説したテキストコンテンツです。

→「詳解 仕事の進め方」目次ページへ

企業内教育にも使われています

「詳解 仕事の進め方」は以下のような企業でOJT研修や若手社員研修、指導者向け研修の教材として使われています。

(法人のお客様(敬称略、50音順)
株式会社IHI(旧:石川島播磨重工業)/株式会社SRA/株式会社オーシャンブリッジ/東映アニメーション株式会社/一般財団法人日本環境衛生センター/株式会社日立ハイテクソリューションズ/富士通マーケティング株式会社/株式会社マイナビ/その他

何社かの企業を訪ね、ご導入の経緯や効果などを詳しく伺いました。
掲載許可をいただいたお客様の声をご紹介します。
それぞれの画像をクリックするとインタビュー詳細が読めます。

〔法人ユーザーの声1:株式会社SRA様〕>> 記事を読む
クリックして本文を読む

〔法人ユーザーの声2:株式会社富士通マーケティング様〕>> 記事を読む
クリックして本文を読む

〔法人ユーザーの声3:株式会社IHI様〕>> 記事を読む
skss_voice_t3

→「詳解 仕事の進め方」トップページへ