PDCAというけれど

仕事の進め方について、「基本はPDCA」とよく言われます。

PDCAについて簡単に説明しておきます。
PDCAは、もともとは生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進めるための手法として、W・エドワーズ・デミング博士らが提唱した考え方です。

PDCAは「Plan・Do・Check・Action」のそれぞれの頭文字を並べた言葉です。それぞれの意味は、以下のように言われています。

Plan:計画を立てる
Do:実行する
Check:評価する
Action:改善する

「PDCAサイクル」という言い方もされます。P→D→C→Aときて、Aからまた次のPに進む。このサイクルを「クルクルと回し、継続的に改善していく」ことが大切だと言われています。

個人の仕事の進め方としてもよく使われますので、本書でも全体の枠組みとして採用しました。
ただ肝心なのは中身です。PDCAという言葉だけを覚えても意味がありません。
各ステップで具体的にどんなことをお伝えするのか、以下に本書の構成を示します。

「Plan」でお伝えすること

仕事は準備や計画が大事だと言われています。しかし、実際に何をすればいいのかがわからないと、以下のような事が起こってしまいます。

・教わった通りきちんと計画を立てて、計画通りに仕事をしたのに、やり直すように言われた。なぜやり直し?

・Planが大事だと言われたので、苦労して計画書を作っていたら「そんなのに時間をかけないで、さっさとやりなさい」と言われた。Planって無意味なの?

・ちゃんと仕事をしたのに「期待していたイメージと違う」と言われた。「でも私はこうだと思いました」と言ったら「言い訳するな!」と怒られてしまった。どうすればいいの?

このような事が起こるのは「仕事の理解の仕方」と「段取りのつけ方」のどちらかに原因があります。Planの段階(仕事の指示を受けてから、実際に中身に着手するまで)で何をすればいいかを、本書では「仕事の理解」と「段取り」の2編に分けてお伝えします。

「Do」でお伝えすること

Doのステップでは、以下のような事が起こらないように「仕事をうまく前に進めるために知っておいてほしいこと」を紹介します。

・「仕事の報告はタイミングよく」と言われたので、自分なりにタイミングを見計らって報告したら「何でもっと早く報告しないの?」と言われた。いいタイミングっていつのこと?

・困って相談したら「自分で考えろ」と言われた。今度は、相談せずに自分で考えていたら「なんでもっと早く相談しないんだ」と言われた。じゃあ、一体どうすればいいの?

「Check」でお伝えすること

Checkのステップでは、下記のような事が起こらないように「仕事をうまく振り返るために知っておいてほしいこと」を紹介します。

・「仕事を終えたら、必ず振り返りをするように」と言われた。でも、何をどのように振り返ればいいのかわからないから、何もできない(何もしない)。

・研修の時は講師や他の受講者が細かく評価してくれたので、改善点に気づくことができた。でも職場では、上司や先輩があまり評価してくれないので改善点に気づけない。

・私の働きぶりについて、上司や先輩は何も言ってこない。ちゃんと貢献できているのだろうか? 何だか自信が無くなってきた…

「Action」でお伝えすること

Actionのステップでは、以下のような事が起こらないように「経験を次の仕事に活かすために知っておいてほしいこと」をお伝えします。

・いつも似たようなミスをしてしまうが、いつまで経っても改善できない。一体何が悪いのだろう?

・対策を立てろと言われても「次は気をつける」しか思い浮かばない。対策は具体的にと言われても、どうしたらいいのかわからない。

・上司から「去年担当した案件の経験を活かせ」と言われたが、違うタイプの案件だし、何をどう活かせばいいの?

→「詳解 仕事の進め方」目次ページに戻る